ピンクゼリーの正しい使い方と失敗する使用方法!使用後はどうしたらいいの?

ピンクゼリーを使った産み分けは約8割(約76%)で女の子を妊娠出来る成功率の高い方法ですが、やみくもにピンクゼリーを使って性交渉をしては約8割(約76%)のはずの女の子を妊娠できる可能性を減らしてしまい失敗してしまいます。

そこでこのページではピンクゼリーの正しい使い方と正しい性交渉の方法、失敗する使用方法と使用後にすることをご紹介します。

このページはピンクゼリーを購入する前に見ても良いですが、ピンクゼリーを購入した後に実際に手に取りながら見た方が分かりやすいと思います。

ピンクゼリーなびおすすめのピンクゼリーはこちら!
ジュンビーのピンクゼリー 公式ホームページ

ピンクゼリーの正しい使用方法(使い方)


冒頭でも書いた通り、ピンクゼリーは正しい使い方をしないとその効果を発揮することが出来ません。

ピンクゼリーには大きく分けて2種類あり、病院で診察を受けて処方されるピンクゼリーと通信販売で買えるピンクゼリーがあります。

当サイトでは手間が少なくや感染症のリスクの少なく、価格の面で優れている通信販売で購入できるピンクゼリーをおすすめしていますが「病院に相談して、病院で処方されたピンクゼリーを使いたい!」という方は別のページに産み分け相談を行っている産婦人科・病院の情報をまとめましたのでこちらをご覧ください。

ピンクゼリーを産婦人科・病院で購入するのはベスト?

2017.10.11

まずは病院で診察を受けて処方されるピンクゼリーと通信販売で購入できるピンクゼリーの違いからご紹介します。

病院で処方されるピンクゼリーと通信販売で購入できるピンクゼリーの違い


病院で処方されるピンクゼリーと通信販売で購入できるピンクゼリー(ジュンビーのピンクゼリーなど)の違いはいくつかあります。

  • 病院で処方されるものは5回分で10800円(1回2160円)だが、通信販売で購入できるものは10回分で14800円(1回1480円)と1回当たり700円もコスパが良い
  • 病院で処方されるものは使用前に湯煎が必要だが、通信販売で購入できるものは湯煎の必要なし
  • 病院で処方されるものはシリンジ(針の無い注射器)で湯煎したジェルを適量吸い取る必要があるが、通信販売で購入できるものはジェルが1本ずつシリンジに入っているため量を間違える心配なし
  • 病院で処方されるものはシリンジを使用後に毎回熱湯消毒しないといけないが、通信販売で購入できるものは1本ずつ使い捨てなので使用後の手間と衛生面で優れている
  • 病院で処方されるものは成分の記載が無いが、通信販売で購入できるものはしっかり何が使われているか分かるので安心

基本的に病院で処方されるピンクゼリーはコストも手間もかかるうえに、成分も記載が無いので「お医者さんが処方してくれるから大丈夫だろう・・・」と思うほかありません。

その点、通信販売で購入できるピンクゼリーは値段は安いし、手間もかからないうえに、しっかりと成分の記載もされているので自分で安全管理が出来ます。

病院で処方されるピンクゼリーだから特別で良いというわけではないので、通信販売で購入できるピンクゼリーを使った方が良いでしょう。

ここからは正しい使用方法の説明になりますのでピンクゼリーをまだ購入していない方は先に購入しておいてください。

ピンクゼリーなびおすすめのピンクゼリーはこちら!
ピンクゼリー1

ジュンビーのピンクゼリー 公式ホームページ

病院で処方されるピンクゼリーの正しい使用方法(使い方)


それぞれのピンクゼリーの違いが分かったところで、病院で処方されるピンクゼリーの正しい使い方からご紹介します。

病院で処方されるピンクゼリーの正しい使用方法(使い方)は簡単に書くと以下のようになります。

1.ピンクゼリーを溶かす

2.シリンジで適量吸う

3.ジェルを膣内に入れる

4.5分待つ

5.性交渉をする
用意するもの
シリンジ・・・1本(付属されています。毎回新しいシリンジを使いたい方は楽天やamazonで購入するのがおすすめ!)
ピンクゼリー・・・1個
50℃程度のぬるま湯・・・500mlもあれば十分

1.ピンクゼリーを溶かす

病院で処方されるピンクゼリーの場合、使用前に溶かす必要があるため、50℃程度のお湯を沸かしておきます
※あまりお湯が熱すぎるとピンクゼリー自体が熱くなってしまい、挿入した時に火傷をしてしまう可能性があるので50℃以上のお湯は辞めておいた方が良いでしょう。

お湯が50℃程度になったら大きめのコップに容器ごと入れます

3~4分程度たつと、溶けてジェル状になります。

2.シリンジ(針の無い注射器)で適量吸う

溶けてジェル状になったピンクゼリーが入っている容器をゆっくりと開けます。(勢いよく開けると飛び散る可能性があります)

容器を開けてしっかりジェル状になっていることを確認したらシリンジで3~5ml吸い取ります。(多くても効果は変わらずもったいないのでこの範囲内にしましょう。)

吸い取る時に、一人がピンクゼリーの容器を持って、一人がシリンジで吸い上げるようにするとやりやすいです。

3.ジェルを膣内に入れる

シリンジが準備出来たらベッドの上に布団横たわり、お尻の下に枕やクッションを入れて腰が高い状態にします。(ジェルをこぼさないようにするため)

その状態でピンクゼリーの入ったシリンジをゆっくりと挿入し、ジェルを膣内の5cm~8cmあたりの場所に出します。

4.5分待つ

ジェルが膣内に入ったら横たわった状態で5分間待ちます

このとき、少しジェルがこぼれてしまうことがありますが、少しぐらいこぼれても大丈夫です。

5.性交渉をする

5分経ったら性交渉を開始します。

通信販売で購入できるピンクゼリーの正しい使用方法(使い方)


次は通信販売で購入できるピンクゼリーの正しい使用方法(使い方)をご紹介します。

※ここではジュンビーのピンクゼリーを例に使用します。

1.袋を破り、容器を取り出す

2.キャップを折る

3.ジェルを膣内に入れる

4.5分待つ

5.性交渉をする
用意するもの
ジュンビーのピンクゼリー・・・1本

1.袋を破り、容器を取り出す

2.キャップを折る

3.ジェルを膣内に入れる

4.5分待つ

5.性交渉をする

1.袋を破り、容器を取り出す

まずはピンクゼリーの袋を開けて、中のシリンジを取り出します。

2.キャップを引き抜く

シリンジを取り出したら先端のキャップを手で引き抜きます。。(あまり力は入れなくても簡単に抜けます)

3~5は病院で処方されるピンクゼリーと同じ手順!

先端を折ったらあとは病院で処方されたピンクゼリーと同じように、あおむけの状態で膣内の5cm~8cmのところにシリンジを入れ、ジェルを入れます。

ジェルを入れたら5分はあおむけの状態で待ち、ジェルが膣内に馴染ませます。

5分経ったら性交渉を開始しましょう。

ピンクゼリーを使った場合の正しい性交渉の方法


次はピンクゼリーを使った場合の正しい性交渉の方法をご紹介します。

女の子を産み分けしたい場合、いくつかの点に注意して性交渉をする必要があります。

性交渉をするタイミングは排卵日の2日前

まず、性交渉をするタイミングは排卵日の2日前にしましょう。

排卵日の2日前に性交渉をすることで、女の子を妊娠するために必要なX精子を効率よく卵子に運ぶことが出来ます。

この方法はタイミング法とも呼ばれ、かなり有名な方法です。

別のページでタイミング法について詳しくまとめましたので良かったらご覧ください。

女性は気持ちよくならないように前戯は控える

男性が気持ちよくなるのは大丈夫ですが、女性が気持ちよくなるのは絶対にダメです。

というのも、女性は気持ちよくなると子宮頚管からアルカリ性粘液の分泌が多くなってしまい、せっかくピンクゼリーを使って女の子が生まれやすい酸性にした膣内が男の子が生まれやすいアルカリ性へと変化してしまいます。

逆に男性は気持ちよくならないと射精することが出来ないので、男性は前戯が必要です。

体位は側臥位か伸長位で

性交渉をする際の体位は側臥位か伸長位がおすすめです。

側臥位(そくがい)・・・お互い横向きに寝て、抱き合う体位
伸長位(しんちょうい)・・・正常位の状態から女性が足を伸ばす体位

あくまでおすすめというだけで、この体位でないとダメということは無いのでその辺は夫婦で話し合うと良いでしょう。

早く射精する

男性は早く射精する必要があります。

性交渉に時間がかかればかかるほど女性が気持ちよくなり、膣内がアルカリ性になってしまいます。

事前に男性には自慰などで射精寸前の状態になっておいてもらって、それから挿入すると早く射精出来るでしょう。

射精は膣の浅い所で

射精は膣の浅い所にしましょう。

理由は女の子を妊娠するのに必要なX精子を多く生き残らせ、男の子を妊娠するのに必要なY精子を多く脱落させるためです。

これらの点に注意しながら性交渉をしましょう。

ピンクゼリーで失敗する人の使用方法


ピンクゼリーを使ったのに失敗してしまった人の傾向としては以下の点が非常に多いです。

  • 排卵日を間違えた
  • 普通に性交渉をしてしまった
  • 排卵日2日前に性交渉

特に排卵日を間違えて、排卵日当日に性交渉をしてしまう人がかなり多いようです。

排卵日を間違えたり、普通に性交渉しても60%の確率で女の子を妊娠できるのですが、約20%も差が出来てしまいます。

事前に知っておくだけで失敗する可能性を低くすることが出来るので、これらの点は注意しましょう。

ピンクゼリーは使用後どうしたらいい?


ピンクゼリーを使用した後にやっておいた方が良いことをご紹介します。

まず、病院で処方されたピンクゼリーの場合は
しっかりと容器のふたを閉め、残ったゼリーを直射日光に当たらない場所で清潔に保管しておきます。
その後、使用したシリンジを良く洗い、熱湯消毒します。
シリンジも清潔に保管しておきましょう。

次に通信販売で購入したピンクゼリーの場合です。
通信販売で購入したピンクゼリーの場合は使用したシリンジをゴミ箱にポイするだけ!
熱湯消毒の手間も無くて楽ちんですね!

まとめ.産み分けする前にしっかりと事前準備を!

ピンクゼリーを使って女の子をしっかりと産み分けするには、事前に正しい知識を知っておくことが大事です。

女の子を妊娠できる確率が上がると考えれば安い買い物かもしれませんが、金額的に見れば決して安くはない金額です。

だからこそ、このページに書いたような知識をしっかりとした頭に入れ、旦那様にも協力してもらい2人で産み分けするという意識が大事になってきます。

ちゃんとやれば10人中約8人が女の子を産み分けできるわけですから、希望をもって出来ることは全部やっていくぐらいの気持ちで取り組みましょう。

ピンクゼリーなびではピンクゼリーに関する情報をQ&A方式でお届けしています。

ピンクゼリーを使いたいんだけど迷っている・・・という方はまずは当サイトのトップページからご覧ください!