ピンクゼリーの産み分け成功確率・妊娠確率は何パーセント?

これからピンクゼリーを使って産み分けをしようと考えている方が最も気になるところがこの

「ピンクゼリーを使った時の産み分けの成功確率と妊娠する確率」

だと思います。

実は全世界、どの国を見ても女の子よりも男の子の方が生まれやすい(世界平均で女の子100人に対して、男の子105人が生まれる)ということが分かっています。

元々、自然の摂理として男の子の方が生まれやすくなっている以上、何もせずに女の子が生まれることは期待しない方が良いでしょう。

だからこそ、ピンクゼリーを使って産み分けをするのは選択として正解です。

まずはピンクゼリーを使った時の産み分けの成功確率からご紹介します。

ピンクゼリーの産み分けの成功確率


ピンクゼリーを使って女の子の産み分けをする場合の成功確率は約76%というデータがあります

ピンクゼリーを使うことで50%弱だった女の子が生まれる確率を約76%まで引き上げることが可能になるというわけです。

20%の確率で男の子が生まれるのは体質であったり、ピンクゼリーを正しく使っていなかったり、正しい手順で性交渉を行っていないなど、様々な理由が挙げられます。(当サイトでは正しい使い方や性交渉の方法をご紹介していますので是非参考にしてください。)

「100%女の子が生まれないと絶対に嫌」だという方は使うのはやめておいた方が良いでしょう。

そうではなくて、「76%の確率で女の子が生まれるなら、それを信用して産み分けしてみたい!」という方にこのピンクゼリーは向いています。

事実、10人中約8人の人がピンクゼリーを使うことで女の子を妊娠できているわけですから、そこまで低い確率とは言えないでしょう。

ピンクゼリーの成功確率は約8割ということを覚えておきましょう。

ピンクゼリーで妊娠確率が下がる?


ピンクゼリーを使用した時に妊娠確率が下がるのか気になると思います。

妊娠確率の面で言えば、間違いなく下がります

本来、排卵日の2日前に性交渉することで女の子が、排卵日の当日に性交渉することで男の子が生まれやすくなります。

しかし、ピンクゼリーを使って、女の子を妊娠しようとした場合は、男の子を妊娠するチャンスをあえて排除することになるため、結果として妊娠する可能性が下がるというわけです。

ただし、妊娠の確率以前の問題として、不妊症などの問題を抱えている場合、ピンクゼリーには不妊症を治したりする効果はありませんので、先に治療しておく必要があります。
また、最近では「1人目はスムーズに妊娠できたのに、2人目がなかなか妊娠できない・・・」という2人目不妊というのが増えているようです。

こういった問題を除けば、女の子を妊娠する確率は全員が同じ確率です。

ピンクゼリーで女の子産み分け成功の確率を約8割にするためにやっておきたいこと


ピンクゼリーを使ったとしても正しい女の子の産み分け方法を知っておかなければ約8割の成功率を実感することはできません。

ここでは簡単に書きますが、以下の点を注意しておく必要があります。

1.基礎体温測定
2.排卵日チェック
3.決められた避妊期間
4.禁欲期間
5.性交日の特定

この辺りについては別ページに詳しくまとめましたので、良かったらご覧ください。

まとめ.ピンクゼリーの成功確率を上げるには夫・妻両方の努力が必要!

産み分けで女の子を妊娠するためには忍耐と努力が必要となります。

妻は基礎体温測定や排卵日チェック、それから性交日の特定を行い、夫は決められた避妊期間を守ること、禁欲期間をきちんと認識することなど夫婦二人三脚で産み分けをしていかなければ成功するのは大変です。

また、ほとんどの人が産み分けで女の子を妊娠するまでに半年ぐらいかかっています。

そのぐらい努力と忍耐が必要がということを覚えておきましょう。

最後に病院に行く必要が無く、病院よりも安く、衛生面でも優れていて、使いやすい産婦人科医共同開発のピンクゼリーをご紹介します!

ピンクゼリー1

名前は”ジュンビーのピンクゼリー”といいます。
10924

ジュンビーのピンクゼリーは妊活サポート専門の会社であるジュンビーが産婦人科医と共同で開発した安心安全のピンクゼリーです。

ジュンビーのピンクゼリーは

  • 病院に行って相談する必要が無い
  • 病院で処方されるピンクゼリーよりも安い
  • 衛生面でも優れている
  • 使いやすい

のが特徴です。

病院で処方されるピンクゼリーを使う場合は1回ごとに湯煎して適度な柔らかさにして(ここが難しいんです!!)から、自分で用意した注射器で膣内にゼリーを入れます。

自分で用意した注射器だと1回目は良いですが、2回、3回と使った時にしっかりと中まで洗っていないと感染症のリスクが出てきます。

その結果、女の子を妊娠するまでの期間が長くなってしまうこともあるので、自分で注射器を用意しないジュンビーのピンクゼリーの方が安心です。

出来るだけ早く女の子を妊娠するためにも、手間や費用、衛生面で優れているジュンビーのピンクゼリーを使う方が良いでしょう。

ジュンビーのピンクゼリー 公式ホームページ

ピンクゼリーなびではピンクゼリーに関する情報をQ&A方式でお届けしています。

ピンクゼリーを使いたいんだけど迷っている・・・という方はまずは当サイトのトップページからご覧ください!