日本製(国産)で安全性が高い製品は?

ピンクゼリーは日本製(国産)なの?


今、産婦人科(病院)やamazonなどの通販で購入することのできるピンクゼリーは、
全て日本製です。

現在購入することのできる全4種類のピンクゼリー
①ピンクゼリー
②ハローベビーガール
③ベイビーサポート
④杉山産婦人科のPink Jelly

ピンクゼリーを紹介しているブログやホームページ等で、
上記④杉山産婦人科のPink Jellyを「中国製だから安全性が心配!」というような書き込みをよく見かけますが、④杉山産婦人科のPink Jellyは、日本製です。

あまりに多くのブログやホームページで、中国製と記載されているので、もしかすると以前は中国製だったのかも知れませんね。
産婦人科(病院)で扱っているから、安全性は信頼できるとは言っても、
やはり、中国製と日本製(国産)だと、イメージが違ってきますからね。

話がずれましたが、
今、日本で販売されている①から④のピンクゼリーに関しては、
全て日本製(国産)と公式サイトでも案内されています。

ピンクゼリーの安全性

日本製(国産)だから、信頼できる、ゆえに安全性が高い!
と考えると、現在発売されているピンクゼリーは全て安心できるといえます。

ただ全社のピンクゼリーを比較してみると、
④杉山産婦人科のPink Jellyだけは、その成分を公開していない所が気になるといえば気になりますよね。

⇒ピンクゼリーの成分について比較しているページ

とはいえ、杉山産婦人科の通販サイトで販売していたり、
他の産婦人科(病院)で処方されたりしているので、障害になるような成分や危険なことはないだろうと、、、製品としてのPink Jellyへの信頼というより、産婦人科(病院)で販売しているから!ということで、安全性を信頼しているという感じでしょうか。

ピンクゼリー日本製(国産)vsピンクゼリーアメリカ製 「RepHresh Vaginal Gel」

もともと、ピンクゼリー・グリーンゼリーといった産み分けゼリーは、
イギリスで開発されたものです。(通称:チョイスと呼ばれています。)

やっぱり日本だけでなく、ワールドワイドで見ても性別を産み分けたいという欲求はあるんですねぇ。

調べてみると海外では、「RepHresh Vaginal Gel」と呼ばれるゼリーが流通していました。
お値段は、アメリカのamazonで、1箱$15.96

日本製と比べると安いですね。

RepHresh Vaginal Gel」の公式サイトを見ると、
産み分けゼリーとして販売されているというより、膣内のPH値を4.5前後にコントロールして、膣内の臭いを防ぐという説明がされています。

アメリカでは、膣内のPH値を4.5前後に保つと、女の子を妊娠しやすくなると言われているので、
このようなゼリーを女の子の産み分け目的で購入する方がいるのですね。

日本製のピンクゼリーとの違いは、値段もさることながら、
その効果の持続時間でしょう。

「RepHresh Vaginal Gel」は、一度膣内に挿入すると、
最大3日間、膣内を酸性に保つ作用があります。
ですので、排卵日3日前に一度使用すれば、時間を気にせず複数回、
トライすることも可能ですよね。
RepHresh Vaginal Gelはピンクゼリーとして優秀?
RepHresh Vaginal Gelは、産み分けゼリーとして販売されているものではないので、産み分けの成功率のようなデータがあるわけではありません。
そういう意味では、きちんと産み分けゼリーとして販売されている、日本製(国産)のピンクゼリーが安心して使えるといえるでしょう。
ジュンビーの葉酸サプリ

妊娠中に必要な栄養素というだけでなく、葉酸は『妊娠しやすくする』『生理周期を安定させる』効果もあります!

 

【ベビ待ち女性必見】葉酸で妊娠しやすくなる秘密
葉酸が必要な理由はこちら

産み分け・妊活中から摂取しておきたい栄養素ですから、生まれてくる赤ちゃんのためにも品質にはこだわりたいところ。

妊娠サポートの専門会社ジュンビーが開発した「葉酸サプリ」なら、国産・無添加で安心です♪

 

ジュンビー葉酸サプリ公式サイトはこちら

ジュンビー葉酸サプリのURL

ピンクゼリー1

産婦人科医と妊娠サポートの専門会社ジュンビーが共同開発したピンクゼリーは、市販されている産み分けゼリーの中で唯一の管理医療機器認証商品です。

身体に直接触れるものだからこそ、品質、安全性はこだわりたいところ!

ジュンビーのピンクゼリーは国産、そして一回ずつの使い切りタイプで湯煎の必要もないので衛生面も安心です。

ジュンビーピンクゼリー公式サイト

ピンクゼリーなびではピンクゼリーに関する情報をQ&A方式でお届けしています。

ピンクゼリーを使いたいんだけど迷っている・・・という方はまずは当サイトのトップページからご覧ください!